証券口座の種類と比較について

証券会社は以前に比べて身近な存在になってきました。これはインターネットで完結する様々な投資商品が登場してきたことにより個人投資家が多く誕生したことに関係しています。

その様な個人投資家にとってはネット証券会社に専用の口座を開設し、自由に投資を行うというのが一般的な投資家デビューの道筋になっています。

その様なネット証券に口座を開設する場合、最初に行うのは証券口座の開設です。
しかしその際に一つの選択をしなければなりません。

一流の証券口座の比較情報は信頼性が高く、好評です。

それは証券口座の種類を比較した上で決定するというものです。

いくつかの選択肢がありますが、個人投資家の場合には一般口座を選択するメリットがありませんので、基本的には特定口座を選択することになります。
この特定口座ですが、源泉徴収ありとなしの二種類が存在しており、そのどちらを選択するか決めなければなりません。
この辺りの比較検討は非常に重要です。



特定口座において源泉徴収なしにするメリットは利益がトータルで20万円以下の場合に限られます。



もしもこれ以上の運用益が発生するのであれば確定申告の必要性が生じますので源泉徴収ありにしておいた方が楽であると言えます。

源泉徴収ありにしておけば、他に給与収入以外の収入が無ければ確定申告を行う必要はありません。

この様に証券口座についてはどのような条件の中でどのような選択をするかにとって比較検討の結果が変わってくると言えます。


その様なポイントにしっかりと目を向けておくべきです。